勃起と射精

多くの女性が30歳に近付くにつれて年齢を感じてくるのに対して、男性は年齢的に捉えるのではなく、精力の衰えを感じた時に「歳をとったな」と感じるそうです。

男性が年を重ねるにつれて大きな悩みになってしまうのが、体の機能の衰えから引き起こされる精力の衰えです。特に40代に入ると勃起と射精で精力の衰えを感じると言われています。

このことは男性にとって非常にショックが大きいものです。それにともなって、性行為中に萎えてしまう中折れもそれが要因となることが多いのです。

勃起は副交感神経の作用によって生じるもので、射精は交感神経の作用によって起こります。

このことを考えると、性機能の衰えは副交感神経の働きが交感神経によって抑えられているということが分かります。つまり、交感神経が強くなっている状態なのです。

したがって、それを解消するためには勃起に関係する副交感神経、射精に司る交感神経のバランスを正常にして機能を発揮させる状態に戻せばよいのです。

近年では、正常化に効果が期待されるサプリメントも開発されており、ある程度コントロールすることができるようになってきています。具体的には男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進するトンカットアリなどのサプリメントが効果的です。

copyright(C)男性の為の精力剤特集